生活

生活保護水準、引き下げ上限「5%」に 13%から修正、国費160億円削減

投稿日:

 厚生労働省は18日、来年秋からの生活保護支給額の見直しで、食費や光熱費などに充てる「生活扶助」について減額幅を最大5%にとどめることを決めた。厚労省は最大13%減の見直し案を提示していたが、大幅減に対して批判が出ていることに配慮した。3年かけて段階的に引き下げ、国費計約160億円を削減する。

Source: 生活ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ) 生活保護水準、引き下げ上限「5%」に 13%から修正、国費160億円削減

-生活

Copyright© こんなニュース聞きました , 2020 AllRights Reserved.