スポーツ

スポーツの体罰をなくすには、依存し合わぬ環境を 大峰光博名桜大准教授

投稿日:

 スポーツにおける体罰で、小学生の後頭部を蹴るというのはほとんどなく、悪質な事例だ。ミスが必然である小学生の試合で、点差に対するペナルティーを課すことも問題だ。  小学生に対しては、友だちと遊ぶためにチームに参加したり、楽しくサッカーをしたり希望を満たすチームをつくるべきだ。被害少年がサッカーをや...
Source: スポーツ - 琉球新報 スポーツの体罰をなくすには、依存し合わぬ環境を 大峰光博名桜大准教授

-スポーツ

Copyright© こんなニュース聞きました , 2023 AllRights Reserved.