生活

【京アニ事件3カ月】聖地も茶も宇治の魅力 「響け!ユーフォニアム」のファン、同人誌で徹底研究

投稿日:

 同人誌を作っているのは、ブログやツイッターで「夷(ゑびす)」のハンドルネームを名乗る京都市下京区の公認会計士の男性(37)。平成25年放映の京アニ作品「たまこまーけっと」の舞台が当時の自宅に近かったことから、京都周辺のアニメの舞台を巡る「聖地巡礼」を重ねるようになった。とりわけ熱中したのが、27年に放映が始まった宇治が舞台の「響け!-」だった。
Source: 生活ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ) 【京アニ事件3カ月】聖地も茶も宇治の魅力 「響け!ユーフォニアム」のファン、同人誌で徹底研究

-生活

Copyright© こんなニュース聞きました , 2019 AllRights Reserved.