生活

【近ごろ都に流行るもの】巣ごもり時こそ好機の「家庭で麹づくり」 日本固有の微生物の神秘と実用

投稿日:

 酒、みそ、しょうゆ…。和食の土台となっている日本固有の微生物「麹」。この10年来の発酵・菌活ブームで、市販の麹を使って塩麹や甘酒を自家製する人も少なくないが、最近はさらに深化。麹づくりから挑戦する人が増えている。蒸し米に種麹(麹菌の胞子)をまき、発泡スチロール箱などで蒸し暑い「麹室」を再現してつくる。うまくできるかは丸2日間にわたる温度管理にかかっており、巣ごもり時こそチャレンジの好機だ。アスペルギルスオリゼー(麹菌の学名)の菌糸がモフモフと育つさまに、微生物の神秘、国菌=麹への感謝の気持ちがわいてくる。
Source: 生活ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ) 【近ごろ都に流行るもの】巣ごもり時こそ好機の「家庭で麹づくり」 日本固有の微生物の神秘と実用

-生活

Copyright© こんなニュース聞きました , 2021 AllRights Reserved.